社会保険労士試験対策にも対応

老齢基礎年金の繰上げとは?@繰上げ時の注意点

今回は、老齢基礎年金の繰上げ受給についてみていきましょう。

 

老齢基礎年金は原則65歳からもらえますが、60歳から65歳までの間にいつでも繰り上げて請求することができます。ただ、一度繰り上げ請求すると減額された老齢基礎年金が一生つづくので注意が必要です。

 

繰上げ請求時の注意点は?

 

回は、老齢基礎年金の繰上げ受給についてみていきましょう。
老齢基礎年金は原則65歳からもらえますが、60歳から65歳までの間にいつでも繰り上げて請求することができます。ただ、一度繰り上げ請求すると減額された老齢基礎年金が一生つづくので注意が必要です。

 

@繰り上げ請求時は生活が苦しくて老齢年金の繰上げ請求をした→後になり減額された年金でなく満額の年金が欲しくなった→しかし、繰上げ請求後は繰り上げたままの年金をもらいつづけることになります

 

A 繰り上げ請求後(65歳になったとして扱われる)は障害年金の事後重症請求(障害認定日に障害等級に該当する状態になく、その後障害等級に該当する状態になったときに65歳の誕生日の前々日までに障害年金を請求すること)はできません。

 

B老齢基礎年金を一部繰り上げ請求障害等級3級以上に該当し退職をしていても障害者特例の老齢厚生年金※をもらえない。

 

※障害者特例の老齢年金とは・・・障害等級3級以上(障害年金をもらっていなくてもいい)に該当する人が退職した場合、例えば、昭和28年4月2日〜昭和30年4月1日生まれの男子は61歳から報酬比例部分の老齢厚生年金がもらえますが、一緒に定額部分ももらえる特例です。

 

C老齢基礎年金を一部繰り上げ請求→長期加入者特例※がもらえなくなる。

 

※長期加入者特例とは厚生年金加入期間44年あり、退職していると例えば、昭和28年4月2日〜昭和30年4月1日生まれの男子は61歳から報酬比例部分の老齢厚生年金がもらえますが、一緒に定額部分ももらえる特例です。

 

さらに遺族に関する年金では、

 

D寡婦年金が支給されなくなり、寡婦年金を既に受給している人は寡婦年金の権利は消滅します。

 

E遺族厚生年金、遺族共済年金をもらえるようになっても、65歳までは併給されません。65歳からは繰り上げ支給の老齢基礎年金と併給できますが、老齢基礎年金は減額されたままです。

 

E国民年金に任意加入をすることはできなくなり、年金額を増額したくてもできなくなります。また、保険料の追納もできなくなります。

 

以上、繰上げ請求時の主な注意点をあげてみました。

 

これをみて、繰上げ請求はあまりメリットないと思われた方も多いとおもわれます。しかし、繰上げ請求が特か損かはそれぞれの経済状況や考え方により違います。ただ、老齢年金を繰り上げ請求する時は、考えなくてはならないことが多いということは知っておいたほうがいいと思います。