社会保険労士試験対策にも対応

難聴の種類〜@伝音性難聴

 

聴覚障害と聞くと、多くの人は、「大きな声を出しても音を聞くことのできない人」「何も聞こえない人」等、漠然とした印象があるのではないでしょうか?私自身、そういった漠然としたイメージしかなく、聴覚障害に対するきちんとした知識がありませんでした。しかし、障害年金の手続きを支援する立場になって、障害に対するしっかりとした知識、理解が必要であると感じるようになりました。聴覚の障害には種類があり、感音性難聴といった言葉も知っていましたが、度恥ずかしながら具体的にどのような原因で、どのような症状があるのか、書籍で読んでも具体的なイメージは湧きませんでした。そこで、ネットで聴覚の障害をお持ちの方のサイトを見るようになり、ようやく聴覚に障がいをお持ちの方の困難さが伝わってきました。ネットでよく見かける障害の種類に「感音性難聴」がありました。それと「伝音性難聴」「混合性難聴」も多く見かけました。

 

以下、難聴の種類と伝音性難聴についてです。

 

難聴は耳のどの部分に損傷が生じたかにより、感音性難聴伝音性難聴のどちらかに分類されます。

 

ここで、まず耳の構造について簡単に見ておきましょう。

 

 

耳の図を見てみますと、外耳(がいじ)、中耳(ちゅうじ)、内耳(ないじ)とに分かれていますね。

 

耳の働きをおおまかにみますと、外耳で外の音を集め、中耳で音を受け、さらに内耳で中耳からの音を受け識別し、その音を脳に送り、最終的には脳がその音を判断します。外耳と中耳を伝音器、内耳を感音器といいます。

 

ですから、外耳、中耳に損傷を受けると伝音性難聴、内耳に損傷を受けと感音性難聴と呼ばれます。
さらに、伝音器にも感音器にも損傷を受けていると混合性難聴と呼ばれます。

 

それでは、伝音性難聴の原因をみていきましょう。
伝音性難聴の原因は様々ですが、中耳炎、耳硬化症、鼓膜が破れる、外耳道閉鎖症、中耳奇形など様々な原因があげられます。また、耳垢が詰まっても伝音性難聴の原因となるようです。
様々な原因があるようですが、伝音性難聴の症状である、騒がしいところで音が聞こえづらい等の症状、何らかの耳の異変を感じたら、まず病院へ行くということが大切です。

 

伝音性難聴は、感音性難聴と比べると治療で治ることが多いようです。ですから、まずは病院へ行くというスタンスが大切です。

 

そして、治療をしても障害が残ってしまった場合は障害年金の請求を考えましょう。障害年金においては、初診日の特定が重要になってきます。

 

治療の必要性を感じたら早めに医療機関へ受診しましょう。

 

感音性難聴について→

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

関連ページ

生きづらさとどう向き合う〜聴覚障害を理解する@聴力レベル
病気やケガで働けないときはどんな保険が使える? 障害年金?傷病手当金? 公的保険を知って賢く生きる。
生きづらさとどう向き合う〜聴覚障害を理解するA最良語音明瞭度
病気やケガで働けないときはどんな保険が使える? 障害年金?傷病手当金? 公的保険を知って賢く生きる。
障害年金@押さえておきたいポイント
病気やケガで働けないときはどんな保険が使える? 障害年金?傷病手当金? 公的保険を知って賢く生きる。