社会保険労士試験対策にも対応

平衡機能の障害〜メニエール病等

今回は、平衡機能の障害についてみていきましょう。

 

平衡機能の障害は認定基準では1級は無く、2級が最高等級(一番障害が重い)になります。以下、等級表です。

 

障害の程度 障害の状態
2級 平衡機能に著しい障害がある
3級 神経系統に、労働が著しい制限を受ける、又は労働に著しい制限を加えることを必要とする程度の障害を残すもの

 

障害年金の認定要領にはその原因は内耳性のものだけでなく、脳性のものも含まれるとあります。
では、平衡機能の障害の原因はどのようなものがあるのでしょうか?それは、耳の感染症や頭部の損傷、低血圧、高血圧、又は薬剤が原因であることもあり、原因は多岐にわたります。要は、障害認定基準上、原因は問われないが、症状に応じて2級から3級まで、あるいは障害手当金を支給されることになるということです。

 

等級表を見ると、2級は平衡機能に著しい障害があるものと短く書かれていますが、具体的には以下のようなことです。
                             ↓
四肢体幹に気質的異常がない場合に、閉眼でまっすぐ立っていることができない又は開眼でまっすぐ歩いて10メートル以内で転ぶ、あるいは著しくよろめいて歩行を中断せざるを得ない程度の障害をいいます。

 

3級は、中程度の平衡機能の障害で、労働能力が明らかに半減していること、閉眼でまっすぐ立っててもふらふらして不安定で、開眼でまっすぐ歩いた時に、ふらふらしながらでもなんとか10メートル歩ききることができる程度の障害をいいます。

 

必ず病院へ!

平衡機能に障害を生じると、めまいや、ぐるぐる眼がまわったり、フワフワ感や、立ちくらみなどの症状が現われます。また、耳鳴りや吐き気が起こることもあります。このような症状が出たときは、放置さず必ず病院へ行きましょう。内耳が原因の病気には、メニエール病、中耳炎、突発性難聴等が、また脳が原因の病気には脳梗塞、脳出血など命に関わるものもあります。
めまいを馬鹿にせず受診することが大切です。