社会保険労士試験対策にも対応

心疾患による障害B弁疾患とは

弁疾患とは?

 

国民年金・厚生年金保険 障害認定基準第11節 心疾患による障害の2 認定要領によりますと、認定対象となる心疾患は大きく分けて以下の6つに区分されるとあり、@弁疾患、A心筋疾患、B虚血性心疾患(心筋梗塞、狭心症)、C難知性不整脈、D大動脈不整脈、E先天性心疾患に分けられます。

 

そのうちの弁疾患はとはどのような病気がみていきます。心臓は、右心室、右心房、左心室、左心房の4つの部屋に分かれていますが、その心臓の部屋には血液の逆流防止のためのがあります。弁は4つありますが、このうち大動脈弁僧幅弁で障害が起こることが多いです。この弁が正常に働らかなくなると、次のようなことが起きてきます。は扉の役割をしていますが、この扉が十分に開かないと血液がスムーズに流れない「狭窄症」、扉がしっかり閉まらないで血液が逆流してしまうことを「閉鎖不全症」といいます。これらの弁に起こる障害のことを弁膜症といいます。 参照 心不全.com参照
また、大動脈弁僧幅弁左心室系にあるということから、次のことがわかります。この左心室系の二つの弁で障害が起こりやすいことは、障害認定基準第11節 心疾患による障害の2認定要領(2)を読むと、慢性心不全とは、心臓のポンプ機能の障害により、体の抹消組織への血液供給が不十分となった状態を意味し、一般的には左心室系の機能障害が主体をなすが、右心室系の障害も考慮に入れなければならい、と書いてあることとの整合性がみてとれます。

 

心臓弁膜症の症状

 

最初は症状が無いこともあるようですが、動悸、呼吸困難、息切れ、胸痛、失神など起きることが多いようです。さらに、進行すると心筋疾患を生じるようになります。そうなる前に、治療が必要です。 参考 心臓弁膜症サイト、 心不全.com

 

心臓弁膜症の原因

 

先天性のケースと後天性であるケースがあります。後天性のものには動脈硬化、心筋梗塞、細菌感染、組織の変性など原因は多岐にわたります。 参考 心臓弁膜症サイト、日本ライフラインHP

 

心臓弁膜症の検査

 

問診が必要になりますが、NYHA(New York Heart Association)分類をもとに自覚症状の調査をします。
このNYHA(New York Heart Association)分類でクラスWかつ、障害認定要領(8)一般状態区分表区分の状態(身のまわりのことができず、常に解除を必要とし、終日就床を強いられ、活動の範囲がおおむねベッド周辺に限られるもの)状態が、弁疾患による障害で障害年金1級となる目安です。

 

また、一般的な検査として、胸部X線検査、心電図検査、血液検査などがあります。さらに、詳しい検査としては、心エコー検査、心臓カテーテル検査などがあります。 参考 心臓弁膜症サイト。、大手前病院HP

 

そして、心疾患による障害で障害年金を請求する場合、該当する心電図など、異常検査所見があるものはを添付することが重要です

 

心臓弁膜症の治療

 

内科的治療と外科的治療がありますが、内科的治療は症状の緩和や抑制のために行われます。外科的治療では弁形成術弁置換術があります。
参考 心臓弁膜症サイト

 

弁疾患で障害年金を請求する場合、人工弁を装着した場合の障害認定日は、人工弁を装着した日(初診日から起算して1年6月以内の日の場合となります。

 

また、人工弁を装着したものは3級人工弁を装着後、6ヶ月以上経過しても、臨床所見が5つ以上、かつ、異常所見が1つ以上あり、一般状態区分表のウ又はエに該当することで2級に該当することもあります。

 

ただ、人工弁は複数置換しても、原則3級です。

 

以上、ここまで弁疾患による障害をみてきましたが、障害年金を請求する上では、客観的な検査数値、一般状態区分表の記載を漏れなく診断書に記載することが必要になります。